カードなしで即日融資を受ける

カードなしで即日融資を受けるには?

消費者金融業者や銀行のカードローンといえばキャッシュカードのようなローンカードを発行してもらって、ATMで借入するというのが一般的な認識でした。

 

しかし、近年では大手の業者を中心に、カードを発行しないで融資を受けることができるカードレス型のローン商品が提供されており、即日融資にも対応しています。

 

カードなしで即日融資が可能なのは大手の消費者金融

カードレス型・即日融資に対応している大手4社

基本的に銀行では「即日融資は不可能に近い」ことは覚えておきましょう。ローンに申し込む前から普通預金口座を持っていて、メインバンクとして使っていて、利用履歴に問題がないなら審査はスピーディですが、それでも即日融資というほど早くはなりません。

 

この点で銀行はまず選択肢から外れます。カードなし・即日融資なら消費者金融業者の一択になります。

 

お金借りたい時は消費者金融のなかでも、大手のアイフル、プロミス、SMBCモビット、レイクALSAの4社がカードレス型で即日融資を受けやすい業者です。

 

アコムはカード発行にこだわりがあり、必ずローンカードが発行されるので、カードなしのキャッシングは不可能です。それ以外の4社についても、カードレスの即日融資では銀行の営業時間によるタイムリミットがあるので注意しましょう。

 

カードレスローンを提供している金融機関

カードレスにできる貸金業者は大手が中心で、中小ではあまり導入されていません。

 

主に以下の7つの金融機関でカードレスによるキャッシングが可能です。

 

カードローン名称 カードの発行 借入方法
プロミス 無しにできる 口座振込

 

スマホATM取引

レイクALSA 無しにできる
  • 口座振込
  • スマホATM取引
アイフル 無しにできる

口座振込

スマホATM取引

SMBCモビット 無しにできる
  • 口座振込
  • スマホATM取引
ジェイスコア 無し 口座振込
三井住友銀行ゴールドローン・カードレス 無し 口座振込
オリックス・クレジットカードレスVIP 無し 口座振込

 

SMBCモビットは、カード申し込みをすることも可能です。ただし、Web完結型で申し込むと、後からカード発行することはできません。

 

カードなしでお金借りる方法は以前は口座振込しかなかったため、融資が銀行の営業時間に左右されるというデメリットがありました。現在でも口座振込では銀行が振込依頼を受け付けする時間外に申請すると、翌営業日に持ち越しとなります。

 

近年ではスマートフォンにカード代わりとなるアプリをダウンロードして使う「スマホATM取引」というサービスが始まっています。これなら、審査が完了すれば銀行の営業時間外でもカードレスで即日融資可能です。

 

カードなしのメリット

カードなしの融資には数多くのメリットがあります。カードがないと不便ではないかと考えがちですが、今はスマートフォンさえあれば電車にも乗れますし、買い物もできる時代です。むしろカードがあることのデメリットのほうが大きいでしょう。

 

主に以下のような利点がカードレスキャッシングにはあります。

 

  • カードを持っているところを人に見られる心配がない。
  • 持ち歩かなくていいので防犯に良い。
  • 契約のときに自宅にカードが郵送されない。
  • ローンカードがないので他人に借金が発覚しにくい。

 

カードレスの場合は、パソコンでネットキャッシングするかスマートフォンでATMを使うかのどちらかになります。電話によるキャッシングも可能ですが、スピードという点では断然ネット経由でしょう。

 

スマホだけで借入や返済まで行うことができます。唯一、ネットでできないのは解約くらいで、それ以外の利用ではカードがないことによる利便性はむしろ上がります。

 

カードレスは銀行口座への振込融資が従来の基本でしたが、SMBCモビットやプロミス、レイクALSAでは専用アプリをダウンロードすることで、セブン銀行のATMでスマホATM取引ができるようになっています。

 

セブン銀行のATMは原則的に24時間365日営業していますので、夜間や早朝などの時間に縛られることなく、いつでも借入可能です。

 

カードなしで即日融資を受ける基本の流れ

1.Web申し込み

カードなしで即日融資を受けるのに最も適しているのは、すべてをWebで済ませる方法です。本人確認書類や収入証明書などの提出も、スマホのカメラで撮影した画像を送信するだけで済むということがほとんどです。

 

申し込み段階からネット経由にしておくと、必要事項を入力して送信するだけで、審査はスピーディになります。カードなしで即日融資を受けられるのは、大手の消費者金融業者ばかりで、こういったところではWeb申し込み用のページが用意されています。

 

2.審査

Web申し込みをした後に電話に連絡が来ることがありますので、急ぎの融資であることを伝えておきましょう。実際に担当者と話ができるのが、申込確認の連絡のときだけというケースも多くあります。申し込みフォームを送信してすぐに自分のほうからフリーダイヤルに連絡しても良いでしょう。

 

消費者金融業者の審査は時間帯によっては混み合うこともあります。こちらから「急いでいる」「即日で融資を受けたい」と希望を出さないと審査時間が延びることあるので、しっかり意志を伝えておきましょう。また、審査では通常、在籍確認があります。

 

職場へ担当者が個人名で電話連絡するもので、これも会社に人がいる時間帯でないと審査は翌日までかかることもあります。

 

3.契約

審査に通ったら契約となります。審査完了の通知はおおかたの場合はメールで届きます。メールに記載されているURLにアクセスすると契約手続きに移動します。手続きは特に複雑なものではなく、同意する意志を伝えるだけで済みます。

 

銀行口座への振込融資を希望するには、契約手続きが完了した段階が午後2時くらいでないと即日融資できないことがあります。申し込みは早い時間に済ませておきましょう。

 

お金を用意しなければならないことに前日の夜に気がついた場合には、夜のうちに申し込みだけ済ませておくと、翌日に審査、契約まで至れる確率が上がります。

 

早めの申し込みが必要

カードなしで即日融資を受けるには、銀行の営業時間のタイムリミットに注意をする必要があります。アイフルやオリックス・クレジットなどは午後3時を過ぎてから審査結果が出ると即日融資は不可能です。できる限り早めに審査を申し込みましょう。

 

プロミスやレイクALSA、SMBCモビットの場合は24時間対応してくれる銀行の種類が多いのでカードレスで即日融資を受けるのに適しています。スマホATM取引であれば銀行の営業時間の縛りがなくなるので、即日融資を受けやすくなります。

 

近年では銀行の24時間振込が可能になりました。とはいえ、業者と銀行の間の提携関係などによって24時間振込ができないこともあります。2018年段階での対応状況は以下のようになっています。

 

  • アイフル:24時間振込対応はしていないので、即日の振込融資では午後2時までに審査手続きが完了していることが必要。
  • SMBCモビット:みずほ銀行以外の都市銀行はすべてに24時間振込に対応している。地方銀行もかなり対応しているが、毎月増えている状況なので、自分で確認したほうが良い。
  • レイク:SMBCモビットと同様、みずほ銀行以外のほとんどすべての都市銀行へ24時間振込が可能。

 

カードなしで即日融資にできる消費者金融業者

レイクALSA

レイクALSAのカードローンは、Web完結で申し込むとカードレスで即日融資が可能です。初めての申し込みの人には、30日間無利息または5万円まで180日無利息のどちらかを選択できるというサービスを提供しています。

 

レイクALSAはセブン銀行のATMをカードレスで利用できるスマホATM取引に対応しており、しかも提携ATMの手数料が無料です。

 

レイクALSAのローンの概要
融資限度額 500万円まで
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
申込条件
  • 満20歳~70歳
  • 申し込み時点で仕事をしていること
審査最短時間 30秒
審査回答時間 午前8時10分~午後9時50分

 

レイクALSAのWeb完結で即日融資の条件
  • 申し込みのときにインターネットによる契約方法で郵送なしを選択すること。
  • 自動引落の設定で本人名義の口座を登録すること。
  • 午後9時までにレイクALSAのの書類確認を含めて契約手続きが完了すること。

 

申し込みから借入の時間の最短は1時間となっていますが、あくまで最短時間で、夕方から締め切り時間に近くなると混み合うことが推測されますので、遅くとも午後7時までにも申し込んでおきたいところです。

 

レイクALSAではカードレスで契約しても、カードが必要になったときは、いつても発行可能です。

 

プロミス

 

プロミスは大手のSMBCコンシューマーファイナンスが展開する消費者金融ブランドです。SMBCモビットと同系列の業者です。知名度も高いプロミスですが、サービス内容や利便性でも業界トップクラスで、カードレスで契約可能で即日融資にも対応しています。

 

審査にかかる時間は最短で30分、初めて利用する人なら融資を受けた翌日から30日間の無利息サービスがあります。スマホのアプリを使ってカードレスでセブン銀行のATMを使って借入できます。

 

プロミスのローンの概要
融資限度額 500万円まで
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
申込条件
  • 満20歳~69歳以下
  • 安定した収入があること
審査最短時間 30分
審査回答時間 午前9時~午後9時

 

プロミスの即日融資の条件
  • Web完結に対応している金融機関に本人確認が完了していること。
  • この金融機関に口座振替が可能な普通預金口座を持っていること。
  • フル入力で申し込むこと。カンタン入力にすると電話での聞き取り調査があり、時間がかかる。
  • カード郵送希望なしで申し込むこと。

 

Web完結に対応している金融機関は、三井住友銀行・みずほ銀行・三菱UFJ銀行の大手都市銀行のほか、ゆうちょ銀行やりそな銀行、ジャパンネット銀行などがあります。地方銀行も多くが対応していますので、プロミスの公式サイトで確認しておきましょう。

 

カードレスで契約しても、後からカード発行をすることが可能です。発行手数料はかかりません。

 

SMBCモビット

SMBCモビットは、カードレスでWeb完結型のローンとして高い知名度があります。他社にない大きなメリットとして、Web完結で申し込んだ場合には職場への在籍確認の電話連絡を省いて契約することができるという点があります。

 

Web完結となっているローンでも基本的には電話連絡による在籍確認が行われるため、電話連絡なしで契約できるのは大きな特徴と言えます。ただし、会社の正社員か公務員である必要があります。自営業者やパート、アルバイトはこの方法で申し込みはできません。

 

ただ、融資はスピーディですので、即日で融資が可能です。SMBCモビットには有人店舗や自社ATMはありませんが、親会社である三井住友銀行のATMや自動契約コーナーを利用することができます。

 

SMBCモビットのローンの概要
融資限度額 800万円まで
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
申込条件
  • 満20歳~69歳
  • 安定した収入があること
審査最短時間 30分
審査回答時間 午前9時~午後9時

 

SMBCモビットのWeb完結・即日融資の条件
  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに本人名義の普通預金口座を持っていること。
  • 全国健康保険協会発行の保険証、または組合保険証を持っていること。(会社の正社員または公務員)
  • 本人確認書類のほか、収入証明書、勤務先確認書類を提出できること。
  • 明細などを郵送ではなく、会員ページでの確認とすること。
  • 遅くとも平日の午後7時までに申し込むこと。

 

SMBCモビットは他社に比較して若干審査に時間がかかる傾向があるので注意が必要です。土日祝日にも審査を行っており、審査回答時間も平日と変わりません。

 

アイフル

アイフルも2018年からカードレスでWeb完結型申し込みを開始しています。アイフルは商品のラインナップが豊富な業者で、メイン商品のキャッシングローンだけでなく、付加価値を高めたファーストプレミアム・カードローンや限度額を10万円にした女性向けローン商品「SuLaLi」もあります。

 

こういった商品はすべてアイフルを初めて利用する人なら契約日の翌日から30日間が無利息になるサービスが適用されます。メイン商品のキャッシングローンはスマホのアプリを使ってセブン銀行ATMを利用することができます。

 

アイフルのローンの概要
融資限度額 800万円まで
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
申込条件
  • 満20歳~69歳以下
  • 定期的な収入があること
審査最短時間 30分
審査回答時間 午前9時~午後9時

 

アイフルの即日融資の条件
  • Web契約にして、カードレスを選択すること。
  • 契約時に口座振替を登録すること。
  • 登録した金融機関で取引時確認が完了したら、その記録が保存されていること。
  • 平日の午後2時10分までに振込依頼まで完了させること。

 

アイフルのデメリットとして、全銀システムの稼働時間拡大に対応していないという点があります。近年はメガバンクを中心として、多くの金融機関で振込手続きをほぼ24時間365日可能にできるシステムが稼働していますが、一部の銀行では対応していないところもあり、アイフルも金融機関のなかでは未対応のひとつです。

 

そのため、どの金融機関を利用するにしても、従来の振込対応時間である平日の午後2時10分までに手続きをしていないと即日融資はできません。

 

中小の業者はカードレスが普通

大手の消費者金融業者は、Webを活用した申し込みでカードレスで即日融資を可能にしていますが、スマホのアプリを利用したものが多い傾向があります。カードを発行しない代わりにアプリで代用するという新しいスタイルです。

 

これに対して中小の業者は元からカードを発行しないところが多くあり、むしろカードではなく直接銀行口座に振込融資して、銀行口座を通して返済するというのが普通です。システムが新しいのではなく、逆に古いスタイルで貸出業務を行っているためにカードが発行されないのです。

 

昔ながらの「利用者が直接出向いて現金を借入して、利用者は返済でも店舗に行って支払いをする」というやり方を守っている中小の業者は全国に多数あります。消費者金融業者というより「金貸し」と言ったほうが似つかわしい感覚です。

 

中小の業者のなかには、インターネットで契約して即日融資も可能という大手並みのサービスを提供しているところもあり、業績を伸ばしつつあります。スペックも大手と見劣りすることなく、審査も柔軟なので、そういった意味では狙い目とも言えるでしょう。

 

ただ、中小の業者は顧客として相手にするのがブラック入りしている人やブラックにギリギリ近い人などですので、追加融資の扱いが悪かったり、返済に手間がかかったりすることもあります。

 

ジェイスコアとオリックスもカードなしで即日融資可能

ジェイスコア

AIスコアによる審査

ジェイスコアは、みずほ銀行とソフトバンクが共同で設立した新しいスタイルの消費者金融です。審査にAIを使ったデータ分析を取り入れ、審査に使うデータをスコアにして利用者にも知らせるという方式を採用しており、これまでになかったタイプの消費者金融業者として注目されています。

 

従来の消費者金融業者の審査では、どのような部分がどの程度評価されて融資が決定するのか利用者には分かりませんでした。この点、ジェイスコアでは用意された質問の回答によってスコアが算出され、これが高いほど好条件で融資が受けられるというスタイルです。

 

質問は就業状況や収入だけでなく趣味や普段の生活に至るまで数多く用意されています。どういう質問にどう答えたらスコアがアップするのか対策も立てることが可能です。

 

申込から融資まで

ジェイスコアでは契約から取引まですべてインターネット上で行われます。パソコンかスマホを使ってWebで完結させる方式で、電話や店頭での申し込み手段はありません。融資は銀行口座への振込融資のみで、カードも発行されません。申し込みにあたってはジェイスコア独自の手順もあります。

 

申し込みから融資まで
  • パソコンかスマホでAIスコア診断を行います。スコアが600点以上でないと融資は受けられません。スコアが高ければ低金利で融資を受けられます。
  • 申し込みをすると仮審査の結果がメールで届きます。
  • 本人確認書類と収入証明書をアップロードして提出します。
  • 本審査結果がメールで届くので、内容を確認して納得できたらネットで契約手続きをします。
  • 契約が完了したら、融資を申し込むと振込融資されます。

 

即日融資の条件

まずは、AI診断のスコアが600点以上あることが重要です。これ以下の得点だと、まったく先に進めません。審査落ちを回避して有利な条件で契約するには、できる限り多くの質問に答えて多彩な情報と連動させる必要があります。

 

質問の答え方によってもスコアは変わってきます。最初は得点が低くても、自分の努力次第でスコアアップできる点がユニークと言えるでしょう。

 

質問のほとんどは選択式ですが、一部に情報入力するものがあり、すべての質問に正確に答えようとすると1時間程度かかってしまいます。そこからの申し込みになるので即日融資を希望するなら早めの時間に申し込みを開始しましょう。

 

また、振込融資は従来型の銀行営業時間内の申請ですので、平日の午後2時45分くらいまでには借入の手続きが完了している必要があります。

 

オリックス「カードレスVIP」

カードレスVIPの概要

オリックス・クレジットはオリックス株式会社のグループ企業です。社名から消費者金融業者のイメージは湧きにくいですが、設立が1979年で古くから融資を行っている老舗です。アコムやプロミスと比較しても低い金利で融資を行っていて、隠れた実力者と言われています。

 

オリックス・クレジットには6つのローン商品がありますが、カードなしに対応しているのは「カードレスVIP」という商品だけです。借入と返済をインターネット取引に限定することによって他のローンよりも低金利に設定されています。

 

オリックス・クレジット「カードレスVIP」の基本スペック
融資限度額 800万円まで
金利(実質年率) 1.7%~16.6%
申込条件
  • 満20歳~69歳以下
  • 毎月定期的な収入があること
審査最短時間 1時間程度
審査回答時間 午前9時~午後7時

 

即日融資の条件

カードレスVIPの審査は最短60分で完了しますが、これも審査の混雑状況によって変わります。また、平日の午後2時30分頃までに契約内容の同意手続きを済ませておく必要があります。そこから口座への振込融資を申請して、銀行の営業時間内に入金されるようにしないと即日で融資は受けられません。

 

手続きや在籍確認などで時間が取られますので、時間的な余裕を持って申し込みましょう。できれば午前中には申し込みを開始しておくのが良いでしょう。

 

まとめ

カードなしで消費者金融業者などに契約することは難しいことではありません。

 

カードがないので通常は銀行振込による融資となるため、銀行の営業時間というタイムリミットという問題が発生します。ここに間に合わないと翌営業日の振込になりますので注意しましょう。

 

また、カードローン 金利安いところもしっかりチェックしておきましょう。

page top